2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.07.26 (Sat)

ウェストファリア条約!!


そうそう!
ケルンから特急電車で1時間半のところにある、ミュンスターという町。

ここはあなどれん。

なんたって、ウェストファリア条約が締結された場所!!!!


日本では英語読みでウェストファリア条約って呼んでるんだけど
ドイツ語読みするとヴェストファーレン条約。
ケルン、ミュンスター、デュッセルドルフなどの町を持つドイツ西側の州、
「ノルトライン・ヴェストファーレン州」からとってます。

もちろん行ってきました。

ここが締結された場所。ミュンスター市庁舎の、平和の間です。
IMG_1931.jpg
当時の様子がこれ。ちっちゃい部屋なんだけど、ここに230人も入ってたんだって。
785px-The_Ratification_of_the_Treaty_of_MC3BCnster_28Gerard_Terborch_164829.jpg
この部屋は市議会や裁判にも使われてたらしく、
吊るされた板には裁判官に向けて「双方の意見をきくべし」とラテン語で刻まれているそうです。



部屋の中に流れる音声案内を最初ドイツ語で聞いてたんだけど、
それが終わってから日本人団体が来て、日本語でも流れたので一緒に聞いてました。
でも・・・・

あれ、聞き取りにくい!?ちゃんと耳を傾けてないと理解しにくい!!??
日本語なのに???

しばらくの間、本気で焦りました。
でも一緒に来てた日本人留学生の友達もイマイチ聞き取りにくいらしく。
いや、でも母国語を忘れるわけがない。
ってことで、アナウンスのしゃべり方が悪かったのが原因。
だってそんなに日本語から離れてるわけじゃないよ・・・・・汗

スポンサーサイト
EDIT  |  23:21  |  ケルン&ドイツについて☆  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.03.18 (Tue)

ろーーーんぐ

今日のドイツ語クラスで、おもしろい単語が出てきました。


          Arzneimittelausgabenbegrenzungsgesetz

長っっっ!!Σ(・ω´・ノ)ノ 37個も文字が並んでるー(´∀`;)

ドイツ語ってどんなけでも一緒にひっつけてひとつの単語にしちゃうからなんですが、、、
ちなみに、「アルツナイミッテルアウスガーベンベグレンツングスゲゼッツ」と読みます。
意味は、「薬の販売制限に関する法律」・・・・って感じかな。
これが出てきたときはみんな苦笑(´・ω・`)


そしてさらに。


Rindfleischetikettierungsüberwachungsaufgabenübertragungsgesetz


読む気が完全に失せます。笑
ちなみにこれは、1999年の「今年の言葉」に選ばれました。
ごめんなさいですが、訳すのに自信がありません。
「牛肉の品質と輸送管理表示?に関する法律」、、のようなものです。BSE問題からでしょう。


こんな言葉、もちろん辞書には載っていません。
いくつもの単語をひっつけたものなので、それぞれの意味を理解して、全体を読み取ります。
日本語でもそんな感じですよね。
ただ、ドイツ語なだけ。
見た瞬間「げっっ」って思うけど、わりと簡単な単語でできてたりするので大枠の意味はわかります。
こーんな長い単語が理解できると、なんかうれしくなったり。
ドイツ語を学ぶ楽しさのひとつですね。
EDIT  |  23:23  |  ケルン&ドイツについて☆  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2007.12.29 (Sat)

ドイツのクリスマス


スイスのことを書く前に、ドイツのクリスマスについてちょこっと紹介します☆

スイスとドイツで一緒かもしれないけど(^^;



ケルンのクリスマスマーケットです
4DJjNbeCKrCq0cac1o03ks3CwibY01.jpg

おっきいくるみ割り人形!!!


で、ドイツのクリスマスに欠かせないおかしがこれ☆
49KCYYznJ47sCNBM3603ks3CwibY01.jpg

シュトーレン、といいます。
簡単に言えば、レーズンケーキ。
外国のケーキらしい味がします。あたしは好きです☆一切れくらいで十分だけど。


そして、ドイツのケーキといえばこれー!
L7ojcBH3oJEolgYR7T03np3CwibY01.jpg

バウムクーヘン☆
普段はめったに見かけません。
なんでも、手間がかかるおかしのため、めったに出てこないんだとか。
日本ではどこでも見かけるのにー?
んで、こっちのバウムクーヘンにはチョコがかかってます。
安物だったからだろうけど、ちょっとぼそぼそした感じでした。
東ドイツがバウムクーヘンの本場らしいので、行った際には食べてみたいです。



おかしはこんくらいで・・・・
あとはこれかなぁ。
KDvCaXQEwqmJmawSCU03ks3CwibY01.jpg

これが何なのかあたしもよくわかってないんだけど(^^;
クリスマスのシンボルみたいな感じかなー。どこのクリスマスマーケットにもあります。
ろうそくの火の熱風(?)で、上のはねがくるくる回るんです。
これの中心には、クリッペというキリスト降誕像があります。
クリッペについてはスイスのクリスマスを紹介するときに☆


EDIT  |  19:20  |  ケルン&ドイツについて☆  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.11.28 (Wed)

ケルンのカーニバルとミュンヘンのオクトーバーフェスト



今日、ケルンのクリスマスマーケットに行ってきました☆

もうあと1ヶ月でクリスマス!?って感じでなんか実感なかったけど笑
でもすごいキレイでステキでしたー(^^)
こんどはカメラ持参していっぱい撮ってきます。そんでアップします!



どーでもいいことなんですが、

ドイツの大きなお祭り、ミュンヘンのオクトーバーフェスト、ケルンのカーニバルについてこの前ドイツ語の先生が話していました。

どっちのお祭りも、結局はビールをめいっぱい飲むだけなんだ、と。笑

納得しました。

オクトーバーフェストには行かなかったけど、別名は「世界最大のビール祭」。
カーニバルは、みんなが仮装して、広場で朝から夜まで飲み明かす。

ドイツのおじさまたち、立派なビール腹をお持ちで。
そりゃぁ土日でも朝からがんがん飲んでますからねぇ。。

でも、
と先生は続けます。

「オクトーバーフェストでは本当にただ飲むだけだけど、
カーニバルではみんな飲みながら政治について話をするんだ!」
(だからケルンのお祭りのほうがすごいんだぞ!)←どっかから声が。笑

      ・・・・・ほんとかなぁ。。
          数時間しかいなかったけど、みんな酔っ払ってただけのように見えましたが。


カーニバルの2日前くらいに、あたしが電車乗り間違えてタクシーに乗るはめになったことがありました。
ブログにも書いたと思います。
そのときタクシーの運ちゃんに日本の政治について話をされたからそうなのかなーとも思うとこもありますが。。


まぁ、あんまよくわかりません。







EDIT  |  08:59  |  ケルン&ドイツについて☆  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

2007.10.24 (Wed)

ケルン観光☆

最近更新が週2になってます・・・

書きたいことがどんどん溜まってって大変汗(だらだら)
古い話になってってしまうし。。

「よし、書こう!」って思わないと書かないめんどくさがりなので・・・
書き出すと時間がかかるから、しっかり時間があるときじゃないとできないってゆうのもあるけど(^^;


今回は、この前の土曜日のケルン遠足について。

ケルン大学のAuslandsamt(外国人学生課?)の、『冬学期07/08遠足』第1弾です。
ケルンで勉強するのだから、ケルンについて知っていなくてどうする!のような感じで。


午前11時に、大聖堂前に集合!
ちょっと曇り空。。そして・・・寒いっっっ!!
ここ最近、一気に気温が下がってきました。
いきなり冬になった感じです。5度~10度くらいですね。朝・晩はもっと冷え込みます。
前回のケルンツアーと同じように、ガイドさんが大聖堂周辺~Altermarkt(旧市街)らへんを案内してくれます。
今回のガイドさんは、ゆっくりわかりやすくしゃべってくれたのでほとんど理解することができましたはずかちーv


ローマ・ゲルマン博物館前にて。
ガイドさん





やっぱり、スタートはケルン大聖堂から。
ドイツで2番目に高いけど、1番高い塔を持つ教会は、塔が1つしかないんだぞー(ケルンのがすごいだろー)と説明してくれました。
今回は、中も見学。一般の人は入れないところまで見学させてもらうことができました☆



ここ。祭壇の奥っかわ。
東方三博士の聖遺物

この壇の上に置いてある金色の家(?)は、「東方三博士の聖遺物」って言われてて、イエス・キリストが生まれたときに贈り物を持ってきた三人の博士がこの中に入っているそうです。
毎年1月6日に開かれて、中が一般公開されるそうです。うーん、見てみたい!



Altermarkt(旧市街)からちょっと置くばったとこにあるこの像。
ケルンと・・・

右の男の人は、帽子をかぶってスーツを着て、蝶ネクタイまでして、お金持ちっぽい身なりです。でも、外見ばかりにお金をかけているので痩せていて、顔も少し憂い気。
左の男の人は、ラフな格好をしていて、身なりが良いとは言えません。でも、仕事をしっかりしていて、ビールをたくさん飲みます。だから鼻が豊かなのです。この鼻に触ったひとには幸運が訪れます。


この二つの像は、二つの都市を表しています。
右はデュッセルドルフ、左はケルン。
ノルトライン・ヴェストファーレン州の州都となっているデュッセルドルフ。
ローマ時代からの2000年の古い歴史を持ち、栄え続けているケルンはそれが納得いかないみたいで。
デュッセルドルフとケルンは仲が悪いみたいです(^^;
だから距離的には近くても、路面電車の会社は一緒ではないんですね。
           一緒だったらデュッセルドルフまでタダでいけたのに・・・・
   
ガイドさん

丁寧に説明してもらいました。
こっちの人って地元愛がすごい強いなぁってホント感じます。



ガイドさんとお別れしてからは、ケルンの有名なカフェに行って、ケーキとコーヒーで休憩☆



その次は、ケルン生まれの政治家で作家だったナントカって人(名前忘れた笑)の説明を図書館で聞きました。
   ・・・眠かった!!!ツアーリーダーも「あれは失敗だったね」って言ってたし笑



最後にはレストランに行って、ケルシュで締め。やっぱりビール。。



寒かったけどいっぱい友達できたし、ケルンについてまたよく知ることができたのでよかった!!!

11月初めのミュンヘンも楽しみー☆☆なんと木~日曜のお泊り遠足はずかちーv



EDIT  |  02:04  |  ケルン&ドイツについて☆  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。